logo

米スパイマック、利用者に広告収入を還元する共有サイトで日本参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国でMacファン向けにネットサービスを提供するSpymac Networkはこのほど、サイトの広告総利益の一部を利用者に還元するファイル共有サイト「SPYMAC LEAPFROG(スパイマック・リープフロッグ)」の日本語対応を3月末をめどに完了し、日本市場に本格参入すると発表した。

 SPYMAC LEAPFROGは、動画・画像・音楽ファイルの共有やビデオチャットが可能なポータルサイト。最も訪問者数の多い動画・音楽・画像をアップロードした利用者に対し、広告収入の一定割合を還元するシェアサービスを提供している。対応OSはMac OSおよびWindowsで、オンライン人口全体の95%以上をカバーする世界15カ国以上の言語に対応しており、利用者は1月1日のサイトオープンから1カ月間で100万人以上になったという。2007年中に200万人の獲得を目指す。

 広告収入の還元は、クリック数、創造性、利用者の評価などによる独自アルゴリズムに基づき、その日最も人気の高かったコンテンツ所有者に「日間賞」、1カ月間で最も人気の高かったコンテンツ所有者に対しては「月間賞」が支払われる。また、アップロード本数が多いコンテンツ所有者に対しても、独自評価システムに従って還元を行う。1月1日のサイトオープンから現在まで、約9万7884ドルを分配しているという。

 「ジャックポット」と呼ばれる月間賞の還元金は、ベストユーザーから順に指数曲線的に分配される。第1回のベストユーザーはドイツ人で5000ドル、第2位のユーザーは中国人で1300ドルが分配され、その他多くのベストユーザーが還元金を獲得した。今後、ユーザー数の増加に伴い、還元金の配当を増大する予定。

 還元金は、PayPalやClick&Buy、クレジットカードで管理することができ、25ドルを超えた時点で現金を引き出すことができるほか、Spymacの各種サービスの購入や、アカウントのアップグレードに充当することができる。

 このほかのサービスとして、ビジネスミーティングや遠く離れた家族や知人との会話などが可能な無償の対面式ビデオチャット機能や、iPodやプレイステーションポータブルへのコンテンツダウンロード機能などが利用できる。

-PR-企画特集