logo

30GバイトHDD内蔵--日立「Wooo DZ-HS503」は、さらに進化したハイブリッドカム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日立
内容:テープからディスクへのメディアチェンジが急速に行われているビデオカメラで、HDDとDVDという2ディスクメディアを一体化し、ヒットモデルとなった日立のWooo。超ロングセラーを記録した第1世代機から約半年後に登場した第2世代機は、HDD容量を30Gバイトへと増量し、ダビングモードも充実。マイナーチェンジにとどまらない、進化の内容を追った。

ハイブリッドカムの30Gバイトモデル

  • 写真左から、1インチ8GバイトHDD(従来機)、1.8インチ30GバイトHDD ravelstar“C3K80”(本機)、内蔵DVDドライブ。落下を感知してヘッドを非難させるGセンサーは、従来のHDD内蔵からカメラ側内蔵に変更された

 「DZ-HS503」は、日立のハイブリッドカム「Wooo」シリーズの上位モデルである。世界初のハイブリッド機の第2世代モデルにあたり、DVDドライブのほか、30Gバイトの小型HDDも内蔵し、両方のメディアにSD画質のMPEG-2ムービーを撮影可能だ。

 さらにHDDに撮ったムービーをDVDにダビングすることも可能というユニークなビデオカメラに仕上がっている。こうした斬新さが支持され、昨年秋の1号機DZ-HS303は、2007年1月末時点で発売以来累計21週売り上げトップ(量販店POSデータ統計)というベストセラー機になった。

 動画撮影時の画角は35mm換算52.7mm〜527mm(4対3モード)と望遠寄りだが、光学10倍/デジタル最大240倍のズーム撮影が可能。約331万画素CCDで、有効305万画素のJPEG静止画もSDメモリーカードに撮影できる。こうした基本機能からすると本機はマイナーチェンジモデルといえるが、HDDの容量アップが大きな変更点となっている。

  • 前モデルDZ-HS303(左)と本機(右)は、ともにHDDをDVDのフタ部分に内蔵しているが、本機では比較的大型のHDDを採用しているため、DVDドライブのフタ全体が箱形になり、横幅5mm増とやや大型になった。とはいえ、女性の手でもホールドできるサイズには収まっている

 前モデル「DZ-HS303」のHDDは、1インチのMicroDriveで容量は8Gバイトと比較的少なかった。これに対して本機は、日立GST社製の垂直磁気記録の最新1.8インチHDD Travelstar“C3K80”で30Gバイト記録を実現している。

 HDDのサイズが大きくなったため、重量は前モデル比70g増、横幅が5mm増とやや大型になっているが、30GバイトのHDDにFINEモードで約11時間(前モデルでは約3時間)の撮影が可能になった。なお、DVDマルチドライブは従来機と同じで、DVD-R/-RW/RAM/1層+RWの記録再生(いずれも8cmメディア)に対応している。

-PR-企画特集