logo

NTTコム、NGNフィールドトライアルに複数のサービス実験を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズは2月14日、現在実施中である次世代ネットワーク(NGN)のフィールドトライアルに複数のサービス実験を追加すると発表した。

 NGNフィールドトライアルは、すでに「ハイビジョン映像配信サービス」「NGN網とOCN網のNNI(網間インターフェース)接続」「地上デジタル放送のIP再送信」の実験を開始しているが、実験の第3期として4月から12月にかけて新たにアプリケーションおよびネットワーク関連サービスのトライアルを実施する。

 新たに実施されるサービスは、(1)地震発生時に気象庁が発表する緊急地震速報をNGN上で配信する「緊急地震速報配信サービストライアル」、(2)災害発生時に避難した住民の安否情報をネットワーク上に蓄積し、ネットで検索可能にする「災害時安否情報共有サービストライアル」、(3)NGN回線における利用端末の状態や端末設定情報、行動特性など複数の情報を組み合わせた認証方式「ひかり認証サービストライアル」、(4)「SIPコミュニケーションを活用したWeb連携アプリケーショントライアル」、(5)「Arcstar IP-VPN」のNGN接続トライアル――の5種類が実施される。

 (1)では、NGNのQoSやSIPによるセッション制御機能を活用して確実なデータ伝送を実現し、防災、減災に役立つ有益な情報として、予測震度と主要動(大きな揺れ)が到達するまでの時間を知らせることができるという。(2)では、NGNのQoS機能の活用、映像処理技術の応用で、被災地からの確実な高精細映像の伝送と迅速な安否情報の共有ができるようになる。

1イメージ図 緊急地震速報配信サービストライアルのサービスイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます
2イメージ図 災害時安否情報共有サービストライアルのサービスイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

 (3)はたとえば、NGNから利用する場合は高額取引を可能とし、外出先などそれ以外の場合には特定の取引が行えないようにするなど利用環境に応じた設定が可能になる。NGNの回線識別情報を利用した認証と「リスクベース認証」と呼ばれる技術、または「2WAY-SSL認証」という方法を組み合わせた国内初のマルチファクター認証技術を採用しており、今後さまざまな分野での応用が期待されている。

3イメージ図 ひかり認証サービストライアルのサービスイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

 (4)では、NGNのSIPコミュニケーションサービスをさまざまなウェブアプリケーションから容易・安全に利用できるインターフェースを提供する実験を行う。今回、企業向けグループウェアを利用して、NGNと接続した電話機・PC端末への電話やテレカンファレンスなどの音声・映像コミュニケーションを実現するソリューションを沖電気工業と共同で実験する。

4イメージ図 SIPコミュニケーションを活用したWeb連携アプリケーショントライアルのサービスイメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

-PR-企画特集