logo

ケータイでネットコンテンツ、利用ピークは“昼休み”--日経リサーチ調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日経リサーチはこのほど、「携帯電話でのインターネットコンテンツ利用実態」調査結果を発表した。

 最近1カ月の携帯電話のインターネットコンテンツの利用頻度について聞いたところ、「ほぼ毎日(18.5%)」が最も多かったものの、「週に3〜6回(12.8%)」や「週に1〜2回(16%)」などどの差はわずかに留まった。

 年代別では10〜20代の約3割が「ほぼ毎日」と回答、世代が上がるにつれポイントは下がり、50〜60代では1割以下だった。一方、「インターネットを契約していない」は50〜60代が2割を超えるなど、世代間で利用頻度は大きく異なることがわかった。

 利用時間帯をみると、平日は全世代で「12〜13時(21%)」の昼時が突出して高く、そのほか10〜20代では「7〜9時」の通勤・通学の時間帯が高い。また、休日は「12〜13時(16.5%)」と「22〜23時(19.6%)」に利用がピークとなる。夕方から夜半にかけての時間帯は平日、休日ともに利用率が高くなっている。

 調査は2006年11月30日〜12月5日、16歳〜69歳までの男女を対象に行ったもの。有効回答数は5128人。

-PR-企画特集