ソニー・エリクソン、LGを押さえて携帯電話シェア第4位に

文:Candace Lombardi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年01月30日 16時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査会社のiSuppliによると、世界の携帯電話市場はシェア首位のNokiaが独走しているという。

 フィンランドに本拠地を置くNokiaは2006年に3億4800万台を出荷し、2位のMotorolaを大きく引き離した。Motorolaは同年2億1740万台を出荷し、前年から48.6%増となった。

 だが2006年、躍進を遂げたのはSony Ericssonだ。

 Sony Ericssonの第4四半期の成長率(台数ベース)は前年同期比61.5%増となり、iSuppliによると、主要端末メーカーが過去に記録した成長率のうち最高の数字を記録したという。同社の今期の出荷台数は、2006年第4四半期の1610万台から2600万台に増加し、シェアは4位に上昇した。

 この結果、Sony EricssonはLG Electronicsから4位の座を奪い、3位のSamsungとの差も詰めた。これまで4位だったLGのシェアは5位に転落した。

 同期、3位のSamsungとSony Ericssonとの差は、台数にしてわずか590万台となった。LGの出荷台数は1700万台で、Sony Ericssonより900万台少なかった。

 LGは2006年、6440万台を出荷、成長率は17.4%増にとどまった。だが同社はファッション携帯電話の「Chocolate」と「Shine」の人気を基に、再び第4位に返り咲くことを狙っているとiSuppliは分析している。

 Samsungは2006年、14.6%増で伸び、出荷台数は1億1790万台となった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加