マイクロソフト、Windows Vistaのオンラインアップグレードサービスの提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは1月19日、30日のWindows Vista一般・個人向け発売にあわせ、オンライン経由でWindows Vistaの上位エディションへのアップグレードライセンスを購入できる「Windows Anytime Upgrade」を提供開始すると発表した。

 Windows Anytime Upgradeは、現在使用中のWindows Vistaを、オンライン経由で上位エディションにアップグレードできるサービス。Windows VistaのスタートメニューからWindows Anytime Upgradeオプションを呼び出し、アップグレードしたいエディションを選択、オンラインでの購入手続きを済ませると、上位エディションの機能の有効化に必要なデジタルライセンスキーがダウンロードされる。ユーザーは、このキーと購入したPCに同梱されているWindows Anytime Upgradeのディスクを利用して、アップグレードを行うことができる。

 アップグレード用のデジタルライセンスキーは、販売パートナー各社のウェブサイトにおいて提供する。販売パートナーは、エディオン、ソフマップ、東芝、日本電気、ピーシーデポコーポレーション、ビックカメラ、富士通、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、レノボ・ジャパンの計10社。

 税別の参考価格は、Home BasicからHome Premiumへのアップグレードが9800円、Home BasicからUltimateが2万3800円、Home PremiumからUltimateが1万8800円、BusinessからUltimateが1万6800円となっている。

 また、使用中のPCがCD-ROMドライブ環境あるいは64ビット対応プロセッサ環境であるなど、Windows Vistaパッケージ製品で提供される32ビット版DVD-ROMでのインストールができない場合は、配送手数料1050円を負担することで、32ビット版CD-ROMまたは64ビット版インストールメディアを提供するとしている。専用サイト(1月30日より公開)から申し込むことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加