logo

WindowsのVML脆弱性を悪用した攻撃コードが公開に

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年01月17日 13時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windowsに存在するセキュリティ脆弱性を悪用したコンピュータコードがインターネットで公開された。ユーザーは早急にこの脆弱性を修復するWindowsのパッチを適用する必要がある。

 攻撃コードは、WindowsにおけるVector Markup Language(VML)ドキュメントの処理方法に関連した脆弱性を利用している。VMLは、ウェブ上で高品質なベクター画像を展開するのに使用されている。この脆弱性は、VMLドキュメントをサポートする「vgx.dll」コンポーネントに存在しているという。

 Microsoftは先週、セキュリティ情報「MS07-004」で、この脆弱性を修復するパッチをリリースした。同社はこのとき、この脆弱性を利用した複数の限定的なサイバー攻撃がすでに確認されていると警告していた。これまでこの脆弱性を利用する攻撃コードが公開されることはなかった。しかし、米国時間1月16日にエクスプロイトコードが、広く読まれているオンラインセキュリティフォーラムで公開された。

 「Microsoftはセキュリティ情報MS07-004で修正した脆弱性を利用するエクスプロイトコードがインターネット上で公開されていることを認識している」とMicrosoftの関係者は声明の中で述べ、「Microsoftはすべての顧客に最新のセキュリティアップデートを適用することを勧めている」と語る。

 この脆弱性を利用したコードが公開される以前に、同じ脆弱性を利用した別のコードが入手可能だった。これは脆弱性評価会社Immunityのセキュリティ検証ツールを使用するユーザーに向けて提供されていた。しかし、この攻撃の内容は非公開となっており、ツールを購入したユーザーにだけ開示されていた。

 Symantecは1月16日、同社のセキュリティ情報サービス「DeepSight」のユーザーに向けた警告の中で、今回公開されたエクスプロイトコードの機能は限定されている模様だと述べている。Symantecは、このコードを英語版の「Windows XP」「Windows 2000」では実行することができなかったと述べる。それでも、これはそのほかのハッカーにコード開発のきっかけを与えることになる可能性はあるという。

 Symantecの警告によると、「コードの作成者は脆弱性が存在する部分を、バイナリアナライザのスクリーンショットを使って説明している。これは、別の攻撃コードが開発されることを助長する」という。

 このVML脆弱性は、2006年9月、Windowsユーザーに対する攻撃発生後にMicrosoftが急いでパッチをリリースしたバグと似ている。今回の脆弱性も、ユーザーがInternet Explorer(IE)を用いてウェブ上の悪質なVMLファイルを閲覧してしまうことで、攻撃者に悪用されるおそれがある。

 IE 7を含む最近のバージョンのIEが動作する、最近のWindowsの全バージョンが影響を受けるが、「Windows Vista」は例外だとMicrosoftは説明している。Microsoftがリリースしたパッチは、Automatic Updatesを介して配布されるほか、同社のダウンロード用ウェブサイト「Microsoft Update」から入手することも可能。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集