Google Earthとブログをマッシュアップさせて何をする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットサービスのサイバーズは1月10日、ブログシステムにKML(Keyhole Markup Language)配信機能を標準搭載し、GIS(Geographic Information Systems :地理情報システム)アプリケーションとの連携を可能とするサービス「ココ日記」を開始した。業界初のサービスという。KMLは「Google Earth」などの地理情報を扱ったアプリに関連づけられている情報の形式を指す。

 ココ日記は、携帯電話のGPS・位置情報やエリアをブログ記事掲載時に設定することで、自動的にKMLファイルの生成配信を行うサービス。ブログの閲覧者がKMLアイコンをクリックすると、地球儀や地図上にブログの写真が重ねて表示され、目的地近辺で書かれたブログを直感的に見つけやすくする。

 情報収集や旅行の足跡の記録など、新しいブログの検索・発見手段を提供するとともに、ブログの利用シーンをさらに広げることがねらい。携帯電話のGPS・位置情報は、同社が提供する「日記系.jp」で従来より対応しており、日記系.jpのユーザーは、新機能を意識せずに透過的に利用することが可能という。

 ココ日記の利用にあたって、Google Earthや「カシミール3D」など、KMLフォーマットに対応しているアプリケーションをインストールする必要がある。地図表示はプライバシーに考慮し、GPSなどによる高精度な位置情報ではなく、10〜20kmごとに設けた代表点に集約して表示する。

 サイバーズでは、マッシュアップコンセプトでの利用拡大および、4月の国内3G携帯電話のGPS搭載義務化による、利用・応用の加速度的拡大を見込んでいる。現在はPC対応のみだが、今後、携帯電話向けのKML対応システムの研究開発もあわせて進めて行く予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加