日立、ファイナライズボタンなどで操作性を向上したDVDカムを発売

エースラッシュ2007年01月11日 14時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は1月10日、操作性向上を実現するファイナライズボタンとフルオートボタンを搭載した「DVDカムWooo DZ-GX5300」を、1月下旬から発売すると発表した。

 DZ-GX5300は、DVD-RAM/-R/±RW対応の8cmDVDドライブを搭載したDVDカメラ。操作性を向上する機能として、DVDプレーヤーでの再生を可能にするファイナライズボタンと、誰でも簡単に撮影できるフルオートボタンが新採用されている。

DZ-GX5300 ファイナライズができるDZ-GX5300

 撮像素子は、総画素数約331万画素(動画有効画素数:約218万画素[4:3モード時]、静止画有効画素数:約305万画素)の1/3型CCDを採用。そのほか、約1秒で撮影可能になる「秒撮」モード、動画の気に入ったシーンを静止画として切り出せる「静止画キャプチャー」機能、DVD映像の特性に合わせた映像処理機能を持つ「ピクチャーマスター for DVDカム」なども搭載されている。

 価格はオープン価格で、当初月産台数は5000台を予定しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加