logo

東芝、HD DVD記録・再生ドライブ、デスクトップPC用で世界初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は1月5日、HD DVDの記録・再生に対応したデスクトップPC搭載用複合ドライブ「SD-H903A」を世界で初めて商品化し、1月中にPCメーカーへサンプル出荷すると発表した。

 HD DVD-Rの記録・再生と、HD DVD-ROMの再生に対応。従来のDVDとCDの記録・再生もできる。HD DVDの構造が現行のDVDと同等という特徴を生かし、多様な規格のディスクを1つのレーザー受光部(ピックアップ)で記録と再生を実現した。

 記録対応フォーマットと書き込み速度は、HD DVD-R 1層とHD DVD-R 2層が1倍速、DVD-RAMが最大3倍速で、DVD-R 1層が最大8倍速、DVD-R 2層では最大2.4倍速、Ultra Speed CD-RWが10倍速ほか。また、再生対応フォーマットと読み込み速度は、HD DVD-Rは1層・2層とも1倍速、HD DVD-ROMは2.4倍速、DVDが最大8倍速でCDが最大24倍速。インターフェイスはS-ATAで、サイズは幅146×高さ41.5×奥行き 184mm。

東芝=http://www.toshiba.co.jp/

-PR-企画特集