長瀬産業、CPRM対応モデルなどポータブルDVDプレーヤー2種発売

エースラッシュ2006年12月18日 21時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長瀬産業は12月18日、ポータブルDVDプレイヤー「axion AXN6705T」と「axion AXN5109TN」の2モデルを、12月20日に発売すると発表した。

 前者のAXN6705Tに搭載されている液晶サイズは7インチワイドだが、CPRMコンテンツの再生に対応している。CPRMコンテンツは、DVD-RWディスクにVRモードで録画したもののみに対応だ。解像度は800×480、内蔵リチウムイオンバッテリーは約3.5時間の充電で約2.5時間の連続再生が可能となっている。そのほか、アナログテレビチューナー専用端子も装備している。

 後者のAXN5109TNは10インチワイド液晶を搭載。薄型バッテリーを採用したことで、大型液晶搭載モデルながら本体サイズは高さ45.5mm×幅 243mm×奥行き161.5mmとコンパクトに仕上がっている。解像度は800×480、内蔵リチウムイオンバッテリーは約5.5時間の充電で約2.5時間の連続再生が可能となっている。また、アナログテレビチューナーセットも付属する。

 2モデルとも対応再生メディアはDVD-R/RWおよびCD-R/RWで、SDカードスロットも装備する。対応再生フォーマットはDVD-Video、CD-DA、MP3、JPEG、MPEG-4。シガーソケットアダプタが標準添付となっている。価格はいずれもオープン価格だが、参考価格はAXN6705Tが2万5000円前後、AXN5109TNが3万8000円前後となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加