モーニングスター、ネット広告会社を買収、SBIグループの広告事業強化

ニューズフロント2006年12月18日 16時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SBIグループで投資情報サービスを手がけるモーニングスターはこのほど、インターネット広告代理店シーエヌエーを買収すると発表した。買収後、シーエヌエーは商号を変更し、SBIグループのインターネット広告代理店分野における中核企業として業務を行う。

 モーニングスターがシーエヌエーの第三者割当増資を引受け、同社株式の93.0%にあたる2657株を取得する。これによりシーエヌエーは資本金/資本準備金を1億700万円増資する。

 SBIグループではこれまで、セプテーニとの合弁会社キャナウをインターネット広告代理店分野の中核企業としてきたが、「今後はシーエヌエーがSBIグループのハウス・エージェントとして機能していく」(モーニングスター)という。

 シーエヌエーでは、SBIグループが運営する投資信託、保険、ローンの比較サイトなど各種インターネット関連サービスを支援する。また外部企業に向け、SBIグループが持つインターネットプロモーション関連のリソースやネットワークを使った付加価値サービスを提供する予定。

 このほかモーニングスターでは、シーエヌエーが手がけるシステムコンサルティングなど既存の付加価値サービスを高く評価。モーニングスター子会社のゴメス・コンサルティングが行うウェブサイト評価/分析サービスとの相乗効果を見込む。特に金融機関向けサービスの強化を図るという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加