マイクロソフト、ゲーム開発ツール「XNA Game Studio Express」を無償公開

坂本純子(編集部)2006年12月13日 19時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは、Windows XPとXbox360向けのゲーム開発を行うツール「XNA Game Studio Express」の最終版を無償公開した。ツールは同社のサイトからダウンロードできる。

プログラミングツールの画面ショット プログラミングツールの画面ショット

 XNA Game Studio Expressは、ゲーム制作に必要となるプログラミングツールを統合したもの。学習者向けに、サンプルゲームやゲームを構成するすべてのソースコードや解説などをまとめたスターターキットも用意されている。XNAツールの公開により、市販のゲーム機やPCを使って開発できるため、個人でも開発できるようになったほか、Windows向けのゲームをXbox360に移植することも簡単にできるようになった。

 Windows XP用のゲーム開発は無料で行えるが、Xboxのゲーム開発には、Xbox360のオンライン販売サービスである「Xbox Liveマーケットプレース」から「XNA クリエイターズ クラブ」のメンバーシップを購入する必要がある。価格は年間メンバーシップが1万290円、4カ月のお試し版が4800円。

 マイクロソフト Xbox事業本部 ゲームテクノロジー部 部長の田代昭博氏は、「これまでのゲーム業界では常識とされてきた、高い開発ツールやマシンは必要ない。自分のつくったものを遊べる環境を提供することで、アイディアを具現化したい人たちの手伝いをしたい」と語った。

 動作環境はWindows XPで、Windows Vistaには今後のリリースで対応する。現在のところマニュアルやヘルプなどは英語で、日本語化を進めているという。なお、日本語のゲーム開発としては問題ないとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加