「1チップMSX」の一般発売が12月11日から開始、対応ゲームも配信へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 D4エンタープライズはこのほど、MSXシステムを組み込んだ「1チップMSX」の一般発売を12月11日に開始すると発表した。価格は2万790円。これまで限定生産により5000台の先行予約販売を行っている。

 専用サイトで申し込みを受け付けて発送するウェブ通販が中心。また店頭販売は、東京・秋葉原の「トレーダー2号店」と札幌市の「ゲームショップ1983」で開始、順次取扱店を増やしていく。なお、ウェブ通販の場合、送料840円が別途必要。

 MSXは、1983年にアスキーとマイクロソフトによって提唱された8ビットパソコンの統一規格。今回一般発売される1チップMSXは、高さ32mm×幅135mm×奥行き156mmのコンパクトな本体にMSX相当の機能を搭載したハードウェア。MSXカートリッジスロットを2個装備し、当時のものが使用できるコントローラーポートも装備した。

 映像出力には、ビデオ出力端子とSビデオ端子のほかVGAポートも装備され、家庭用テレビやPCのモニターに表示できる。またMMC/SDカードスロットを搭載するため、他のPCやMSXPLAYer上で作ったプログラムを読み込むことができる。将来的な拡張に対応するため、USBポートも装備している。

 本体の発売に合わせて1チップMSX対応のゲームソフトのダウンロード販売を2006年内に開始する。また、多数のゲームソフトを集めたパッケージも2007年の早い時期に販売される予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加