logo

カスペルスキー インターネット セキュリティ 6.0 - (page 3)

文:呉井嬢次 編集:アクティフ2006年12月25日 12時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャストシステム
内容:ジャストシステムから発売された総合セキュリティソフト「カスペルスキー インターネット セキュリティ 6.0」は、パソコンの安全を確保するために必要な、強力な防御機能を持ったセキュリティソフトである。ウイルス対策はもちろん、スパム、不正ツール、不正アクセスにも対処。特にウイルス対策では新種ウイルスへの対応スピードや定義ファイル更新間隔、ウイルス検知率などの点で優秀で、パワーユーザーも満足できる高機能なソフトだ。※Vista対応版は3月14日にダウンロード開始

スパイウェア対策やアドウェア対策を1本でこなす便利さ

 PCがウイルスに感染するタイミングで最も多いのが、「電子メールを受信した時」である。ウイルスに感染した電子メールの送信者の使用しているパソコンが、感染しているケースが多い。

 次に多いのが、ホームページを閲覧していて感染するケース。ホームページの情報をダウンロードしている間に、ウイルスも一緒にダウンロードされてしまう。このような経路で感染するのは、ウイルス以外にも、パソコンの情報を盗み出すスパイウェア、強制的に広告を表示させるアドウェアがあり、ウイルスだけを対策してもパソコンのセキュリティは守れない。

 ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、アドウェア対策ソフトなども個別に存在するが、それぞれ最新の状態に保つ必要がある。その点、カスペルスキー6.0は、ウイルス、スパイウェア、アドウェア、トロイの木馬、不正侵入などを網羅した定義ファイルでアップデートしてくれる。今まで、「対策が気になってはいたが、時間がなくて対策できなかった」ユーザーには特にお勧めできる。

万が一に備える予防策としてのレスキューディスクも簡単

 セキュリティ製品であっても、万が一の事態に備える必要がある。たとえば、定義ファイルを自動更新に設定していなかったためにウイルスに感染することもあるだろう。そんな万が一の事態に備えて、カスペルスキー6.0では、レスキューディスクを作成することもできる。

  • 万が一ウイルスに感染した場合、元に戻せるレスキューディスク作成画面

 具体的にレスキューディスクを作成するには、CD-R、CD-RWなどディスクを作成するハードウェアが必須となるが、ウィザードによって作業することができるので、操作の面で迷うことはないだろう。

ジャストシステムによる専用のサポートセンター

 あまり意識されないが、実はセキュリティ製品にはサポート体制が大変重要だ。以前国内でワームが流行した時、インターネットから肝心の定義ファイルがダウンロードできなくなるという現象が一時的に発生した。その結果、企業の担当者は、そのウイルス対策ソフトの会社に定義ファイルを「電車で受け取りに行った」ということもあったのだ。サポート体制はセキュリティ総合ソフトにとってきわめて重要で、使いたい時に使えること、つまり可用性の確保が問題であると再認識させられた事件だった。

  • ジャストシステムの専用のサポートセンターによる支援が行われている

 このカスペルスキー6.0を開発しているのは、ロシア(旧ソ連)にあるカスペルスキー研究所だが、国内ではジャストシステムが専用のサポートセンターを運営しており、電話、ウェブによる複数経路による支援体制ができている。

ネットの利用頻度が高いならセキュリティの「精度」を重要視すべき

 実際に使用してみて、定義ファイルの更新間隔が短く、定義ファイルも小さいためモバイル環境でも支障なく使用できた。セキュリティ製品を気にせずに選んできた人も、オンラインの試用版を使ってセキュリティの精度を確認してみてはどうだろうか。コンピュータウイルスに感染したパソコンを駆除した経験がある人なら、はじめてウイルス対策ソフトウェアを使った時の感動を再び思い出すに違いない。

 ジャストシステムでは“インターネットを毎日2時間以上使うユーザー”に特に 勧めているが、試した実感からは、時間はもちろんのこと内容的にも、さまざまな ダウンロードやショッピング、情報検索など、ネットをアクティブに使いこなす パワーユーザーほど、このソフトの利点を実感できるのではないだろうか。

Vista対応について (3/14にVista対応版がダウンロード開始されます。)


・暗号化通信のウイルススキャン
SSL通信経由のウイルスをスキャンすることによりアクセスしたサイトのSSL通信の安全性を確かめることが可能です。
ウイルスの感染からユーザーを守ります。

・Multi Updates Sharing(MUS)
家庭内LAN上の1台のPC(親機)が配信サーバーから更新ファイルを取得すれば他のPCは、サーバーに接続しなくても親機から更新ファイルを入手できます。

・スマートスキャン
アプリケーションの終了時にスキャン処理をを行うことでシステムの負荷を軽減します。

Windows Vista上でのご利用には、機能の一部に制限があります。 詳細はJust-kasperskyポータルサイトでご確認下さい。   

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]