秋葉原電気街振興会、マイクロソフト特別協賛で「AKIBAX」を5年ぶりに開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 秋葉原電気街振興会(小野一志会長)は12月1日、PC関連の展示会「AKIBAX」を5年ぶりに開催し、マイクロソフトを特別協賛に迎え「AKIBAX 2006 powered by Windows Vista Ultimate(AKIBAX 2006)」として12月22-24日に行うと発表した。02年から駅前再開発のために中断していたが、開発の終了を機に再開することにした。

 今回はマイクロソフトが特別協賛し、「Windows Vista」の発売前イベントとして展開する。会場は、秋葉原UDXのAKIBA_SQUARE(アキバ・スクエア)。イベントの目玉として、07年1月 30日に発売予定の次期Windows OS「Windows Vista」を発売前に一般に初公開する。また、技術に詳しいユーザーを対象に「Vista」や同OS上で動作するハード、ソフト、コンテンツサービスをいち早く体験できる場を提供する。

 展示会には、ASUSTeK Computer、アイ・オー・データ機器、イーブック・システムズ、HTC Nippon、ATIテクノロジーズジャパン、NECパーソナルプロダクツ、エヌビディア・ジャパン、オープンインタフェース、ナナオ、日本AMD、ロジクール、ワコムなど、「Windows Vista」対応製品を販売するハード・ソフトメーカーやコンテンツ会社が出展する予定。

 秋葉原電気街振興会では、97年から01年までの5年間、毎年7月にPC関連の屋外展示会「AKIBAX」を開催。会場でPCやインターネットに関する最新製品やサービスを紹介すると同時にセールイベントを開催するなど、秋葉原を象徴するイベントとなっていた。

秋葉原電気街振興会=http://www.akiba.or.jp/
マイクロソフト=http://www.microsoft.com/japan/
秋葉原UDX=http://www.udx.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加