シマンテック、世界中の個人ユーザーから詐欺サイト情報提供を受け入れへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは11月16日、「Symantec Phish Report Network」が詐欺サイトに関する情報の提供を世界中の個人ユーザーからも受け入れることを発表した。ユーザーは専用サイト(英語)上で情報を提供することが可能となる。

 Symantec Phish Report Networkは、世界レベルで活動する詐欺対策コミュニティ。加盟企業は、詐欺サイトのアドレスを提供、共有し、それを自社のフィッシング対策ソリューションに組み込むことで、オンライン詐欺からユーザーを守ることを可能にする。このコミュニティに個人ユーザーからの情報提供が追加されることで、オンライン詐欺対策能力をさらに強化し、他のコンピュータユーザーへの被害防止にも役立たせる狙い。

 また、このコミュニティに新たに「NCFTA(National Cyber-Forensics and Training Alliance)」が加盟した。NCFTAは、官民の各分野の専門家の連合体であるため、重要な情報を共有できる中立的・相互協力的な環境から、サイバー事件に関する情報と技術分析情報を提供している。

 シマンテックの研究陣が分析したフィッシングサイトのURLは、NCFTAの専門家陣に送られ、そこでフィッシングメールの発信源を突き止める。発信源の情報はサイバー犯罪者を追跡するために捜査当局に送られ、フィッシング攻撃拡大を阻止するために活用される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加