デジタルラジオ対応の新ケータイau「W44S」発表--縦にも横にも自在にオープン

坂本純子(編集部)2006年11月16日 18時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、沖縄セルラーは、デジタルラジオに対応した新ケータイ「W44S」を12月上旬より発売すると発表した。カラーはブラック、シルバー、オリーブの3種類。ソニーエリクソンによるもので、ソニーの液晶テレビBRAVIAの高画質技術を応用した3インチのフルワイド液晶を搭載している。3.2メガピクセルカメラを搭載したほか、おサイフケータイ、新たな映像配信サービス「LISMO!ビデオクリップ」に対応する。

ソニーエリクソン製のW44S ソニーエリクソン製のW44S

 W44Sのデザインとして大きな特徴となるのが、縦にも横にも開くことができる「デュアルオープンデザイン」だ。通話のときには、これまでの折りたたみケータイのように開き、テレビを見るときは横開きでコンパクトに見ることが可能になる。

 ヒンジ部分には「TVキー」がついており、新アプリケーション「au Media Tuner」をボタンひとつで起動できる。ここから、ワンセグ、デジタルラジオ、EZチャンネルプラスの3つのコンテンツを切り替えて楽しめる。また、キーボードの上下に直径16mmのスピーカーを配置しており、従来機にくらべて立体的で迫力あるサウンドが得られるなど、高級感のあるつくりになっている。

 同日、デジタルラジオサービスの詳細も併せて発表(参照記事)している。

縦にも横にも自在に開ける「デュアルオープンデザイン」 縦にも横にも自在に開ける「デュアルオープンデザイン」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加