インデックスHD、ゆびとま子会社化を断念--ゆびとま株主との調整つかず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インデックス・ホールディングス(インデックスHD)は11月9日、日本スポーツ出版社の子会社ゆびとまの発行済み株式5100株(50.5%)の譲受に関する基本合意を解消したと発表した。

 7日にインデックスHDから日本スポーツ出版社に対して合意解消の申し入れを行い、9日に日本スポーツ出版社により受諾された。

 インデックスHDは、10月30日の基本合意締結より、ゆびとま株主である日本スポーツ出版社、ゆびとまの役員などとの間で取引の成立に向けて協議を行ってきたが、諸条件において調整がつかなかったため、取引成立のための検討を継続するべきでないとの結論に至ったとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加