ロイターの「Second Life駐在記者」に聞く - (page 2)

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2006年11月09日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--支局の予算を教えてください。

 幸い、会議は途中で抜けることができたので、正確な数字は分かりません。しかし、会社の規模からすれば取るに足らない額だと思います。

--どんなコスト戦略を考えていますか。

 現時点では投資を回収する見込みはありません。記事は無料で配信していますし、広告枠を売っているわけでもないからです。しかし、このプロジェクトは経験を積み、新しいハイテクコミュニティと接触する貴重な機会になる可能性があります。プロジェクトの規模が小さいので、会社に与える影響もわずかです。しばらくは収益につながらず、様子見の状態が続いても、上から文句を言われることはないと思います。

--プロジェクトの成果はどうやって測るのですか。

 社内の指標はお教えできませんが、大雑把に言うと、secondlife.reuters.comへの訪問者数と(Second LifeユーザーがReutersのニュースを入手するために使用する装置の)利用状況を測定します。最も測定しやすいのはトラフィックですが、その他の指標にも注目しています。記事の出来も指標のひとつです。ですから、プレッシャーは感じています。

--特ダネをどんどん出せと言われているのですか。

 そうなれば上は大喜びだと思いますが、そのような指示は受けていません。まずは新しい環境に慣れることです。

--Second Lifeに参加してみて、「通常」の仕事と似ていると感じた点はありますか。

 Second Lifeに慣れるにつれて、現実世界との差は感じなくなっています。最初の奇異な感覚を乗り越えてしまえば、あるいは受け入れてしまえば、仕事の中身に大差はありません。興味深い人物を見つけ、なるべく多くの情報に目を通し、おもしろそうなネタを追いかけるだけです。

--では、違う点はありますか。

 現実世界の人間と違い、アバターは匿名です。この点でReutersの編集方針に少し手を加える必要がありました。これが仮想世界のメタファーに水を差す行為であることは分かっていますが、取材相手には身元を明かしてほしいとお願いしています。全員が協力してくれるわけではありませんし、ユーザーには拒否する権利があります。コミュニティ内での評判も考慮します。活動歴の長いユーザーの方が、コメントの信頼性はずっと高くなります。

--Second Lifeに関しては多くの好意的な報道がなされてきました。しかし、批判記事の材料になりそうな問題もたくさんあります。問題の内容はさまざまですが、あなたが注目しているのは何ですか。

 この質問に対する回答は控えさせていただきます。伝えるべきことがあれば、記事として発表するつもりです。

--おおまかなテーマだけでも教えていただけませんか。

 分かりました。所有権、契約法、そして拡張性の問題です。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]