オラクル、公共サービス向けソフトウェアの開発企業を買収

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年11月06日 13時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは米国時間11月3日、インフラサービスに特化した国際部門立ち上げの要とすべく、SPL WorldGroupを買収したと発表した。

 SPLはサンフランシスコを本拠とするソフトウェア開発企業で、電力、ガス、水道などの公共サービス向けに、カスタマーサービスや、請求業務、人員管理、資産、供給状況などの管理を行うソフトウェアを開発している。

 Oracleの社長Charles Phillips氏は発表で「SPLの買収に伴い、民間および公営のインフラサービス向けに、出納管理と業務管理を統合した初のエンド・ツー・エンドのソリューションを提供する計画がある」と述べた。

 Oracleは最近、それぞれの業界に深く特化することを目指しており、SPL買収もその一環である。たとえば、同社は2006年10月、通信分野でのプレゼンスを高めるべく、MetaSolv Softwareを2億1900万ドルで買収する計画を発表している。

 Oracleは投資ファンドのGFI Energy VenturesからSPLを買収した。金銭的な条件については公表されていない。

 SPLのウェブサイトによると、同社は創業38年で、約750人の従業員がおり、世界中で175以上のインフラサービス企業と取引しているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加