ニフティ、12月7日に東証へ上場--65億円調達しコミュニティ強化へ

島田昇(編集部)2006年11月02日 21時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティは11月2日、東京証券取引所内に新規上場を申請し、承認された。上場予定日は12月7日で、上場先は公開価格決定後に決める。証券コードは3828。

 上場にともなう調達資金は64億7900万円になる予定。近年注力しているコミュニティメディアへの開発投資に充当する。

 具体的には、2万7800株を公募し、4万1700株を売り出す。オーバーアロットメントは1万400株。売出株放出元はすべて富士通。公募・売り出し価格の仮条件は11月17日に決定し、ブックビルディングの期間は11月20日から11月27日となっている。公募・売り出し価格の決定日は11月28日。主幹事証券会社は野村證券が務める。

 ニフティは1986年設立。パソコン通信時代から事業展開しているインターネットサービス事業の老舗企業で、近年はコミュニティ関連サービスを積極的に行っている。2006年3月期の業績(連結)は、売上高が前年比9%増の687億100万円、経常利益が同49%減の16億2900万円、純利益が同58%減の7億4800万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加