フラクタリスト、Flash Liteを活用した携帯電話向けRSSリーダの販売を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フラクタリストは10月24日、携帯電話コンテンツプロバイダー向けの集客ツールとして、Flash Liteを活用したRSSリーダ 「Mobile Master RSS Reader(MMRSS)」を開発し、販売すると発表した。

 Flash Liteは、アドビシステムズの携帯電話向けFlash技術。今回開発のMMRSSは、Flash Lite 1.1Rを用い、これまで携帯電話で使用されていたウェブ版のRSSリーダーより、機能や表現力が増すとしている。

 対応キャリアは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルで、販売価格はライセンスを含む初期費用として120万円から。初年度30社の導入を予定している。

 フラクタリストでは、アプリ版RSSリーダのように、iアプリやEZアプリを別途開発する必要がなく、低コストでサービスを始めることが可能だとしている。

 また、サイト構築パッケージへのRSS配信機能追加や、MMRSSの音声「ポッドキャスティング」、動画「ビデオキャスティング」への対応を目指すとともに、Flash Liteを用いたソフトウェア開発ノウハウを、今後のリッチメディア構築案件に応用するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加