日本エフ・セキュア、個人向けセキュリティソフトを発売--未知の脅威に対する保護機能搭載

エースラッシュ2006年10月23日 19時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エフ・セキュアは10月23日、個人向け高機能セキュリティ製品の新版「F-Secureインターネットセキュリティ2007」を、10月30日から販売開始すると発表した。

 今回発売されるF-Secureインターネットセキュリティ2007では、定義ファイルベースによる従来システムに加え、未知の脅威からPCを保護する「F-Secure DeepGuard」を新採用。さらに、スパイウェアエンジンをもう1つ追加することにより、スパイウェアの検出率と駆除機能の強化が図られている。

 また、有害なウェブサイトへのアクセスを制御するペアレンタル・コントロール、ウェブトラフィックのリアルタイムスキャン、「F-Secure BlackLight」によるルートキットに対する保護の拡張、メールのフィッシング対策なども搭載している。そのほか、定義ファイル更新メカニズム改善によるネットワーク帯域の最小化、システムリソースの使用低減によるパフォーマンス向上といった、利便性を高めるシステム面での改良もなされている。

 希望小売価格はダウンロード版が5775円、インストールCD付きのパッケージ版が6720円となっており、1ライセンスで 3台のPCまでインストールすることができる。また、人気キャラクター「ムーミン」を用いた従来「日本向けムーミンGUI版」に加えて、「F-Secure標準GUI版」も提供されるという。

 なお、旧バージョン「F-Secureインターネットセキュリティ2006」のユーザーは無償でアップグレードが可能、同社サイトから10月30日以降にダウンロードが行える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加