デジタル一眼10メガ決戦、週替わりで主役交代の序盤戦は「Kiss」に軍配

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このところランキングの変動がめまぐるしいデジタル一眼レフカメラ。7月にソニー、9月に松下と家電メーカーが新規参入したのに続き、9月にはニコンとキヤノンが相次いで新製品を投入。発売のインパクトがランキングに大きく影響した。新製品のほとんどは初・中級者向け1000万画素(10メガピクセル)クラスのカメラで性能面でもほぼ横一線。各社が繰り広げる熱いバトルの模様が「BCNランキング」で浮かび上がった。

●新製品で最後発の「EOS Kiss デジタルX」が40%台のシェアを一気に獲得

 ソニーが「α100」、松下が「DMC-L1K」を発売した7月から、キヤノンの「EOS Kiss デジタルX」、ニコンの「D80」が発売された9月までの「BCNランキング」で、週ごとに機種別販売台数シェアを追った。直近の9月第4週(9月18日 -24日)では、1位がシェア42.4%でキヤノン「EOS Kiss デジタルX」、2位は14.7%でニコン「D80」、3位は9.5%でソニー「α100」という結果になった。これまで圧倒的なシェアを維持していた「EOS Kiss デジタルN」の後継だけに「Kiss」は強い。発売直後の瞬間風速を割り引いて考えても「EOS Kiss デジタルX」が序盤戦を制したとみてよさそうだ。

【図と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加