logo

外出先から自宅のテレビが観られる!オネスト・テクノロジー「MY-IPTV Anywhere」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オネスト・テクノロジー
内容:オネスト・テクノロジーの「MY-IPTV Anywhere」は、LAN内の1台のPCをサーバにし、他のPCでテレビを視聴することができるソフトウェアだ。Slingboxのように専用のハードを持たず、ソフトウェアだけでロケフリ環境を構築できるのが特徴だ。

ソフトウェアでロケフリ環境を実現。チューナは別途必要

 本製品は、自宅のテレビを外出先で観るための環境を構築できる、いわゆるロケーションフリー型の製品である。以前紹介したSlingBoxや、Skypeを利用して外出先でテレビを観られる「どこでもTV for Skype」の競合に当たる。

 前回のSlingBoxは、製品本体にTVチューナーが内蔵されており、ここにアクセスすることでテレビを視聴できた。SlingBoxとLAN上のPCは、純粋にサーバとクライアントという関係であった。

 今回の「MY-IPTV Anywhere」はソフトウェアの形態で提供されており、Slingboxのようなハードウェアは付属しない。本製品では、LAN上の特定のPCにサーバソフトをインストールし、そこにほかのPCが番組を見に行く仕組みになっている。つまり、LAN上のPCの1台がサーバ、残りのPCがクライアントとなるわけだ。

 なお、本製品にはチューナーは付属せず、別途用意する必要がある。PCにもともとチューナーが付属していればまったく問題ないが、そうでない場合はチューナー製品を併せて購入する必要があり、価格的にも費用的にもややハードルが高い。

 ちなみに、本製品では「ソフトウェアエンコード」型のチューナー付ビデオキャプチャカードが推奨されているが、筆者が試した限りでは、ハードウェアエンコードの製品もきちんと動作した。ただしメーカーのサポート外となるのでくれぐれも注意したい。

 また、サーバとなるPCの要求スペックは高く、Pentium4の2.0GHz以上が推奨となっている。従って、古いPCをサーバに転用し、常時起動させておくのは現実的ではない。本製品では録画およびDVDへの記録といった機能も備えているので、その点からも極力新しいPCを用いたほうがよさそうだ。

  • 製品のホームページ。ユーザー登録を行うことで、中間サーバの利用が可能になる

  • 中間サーバを経由し、サーバPCが受信しているチャンネル一覧(の静止画)をウェブブラウザで表示したところ。見たいチャンネルをクリックすることで、PC側のソフトが起動し、視聴できる

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集