「知りたいことやわからないことは、まずネットで調べる」92.4%--IMJBC調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・エム・ジェイ(IMJ)のグループ会社であるIMJビジネスコンサルティング(IMJBC)は9月20日、日本全国のネットを利用している15歳〜69歳までの男女を対象に実施した、生活者のネットメディアに対する意識と利用傾向、およびその背景にある価値観についての調査の結果を発表した。

 調査によれば「知りたいことやわからないことはまず、インターネットで調べてみる」と回答した人は全体の92.4%だった。また「インターネットショッピングの利用経験がある」と回答した人は90.6%で、うち月に1回以上利用している人は68.4%だった。普段のショッピングの前に、事前情報としてネットで商品情報を探す人は77.1%で、何かを調べるときに日常的にネットメディアを活用する人の割合が非常に高くなっていることが分かった。

 今回の調査では、ネットユーザーを、ネットでの行動タイプ別に、以下の7つのタイプに分類している。

  • アクティブユーザー」:ゲームやコミュニケーションでもネットを活用する
  • ROM型ショッパー」:自ら情報発信はしないが商品情報収集にネット口コミなどを重視する
  • ネットライフ層」:コミュニケーションもショッピングもネットを活用する
  • 自己表現志向層」:ブログでの情報発信や自身のコンテンツをネットで発信する
  • バーチャルコミュニケーター」:チャットやメッセンジャー、オンラインゲームなどにはまる
  • SNSフォロワー」:ネットリテラシーは高くないが、SNSで人間関係を維持する
  • ノーマル層」:あれば便利程度に活用する

 アクティブユーザーは圧倒的に10代に多く、若年層になるに従い、積極的にネットを生活のさまざまな側面において活用していることが分かった。またROM型ショッパーは、市場のボリュームが大きく(全体の30.3%)、30代、40代女性に多いため、バズマーケティングに基づくECの対象として魅力的な層と捉えられる。の自己表現志向層は、10代女性に多く、ブログやSNSなどの消費者作成メディア(CGM)市場を今後牽引していく一要素になりえる――などと分析している。

 さらに今回の調査では、さまざまな情報通信機器やサービスの利用経験とその接触タイミングが現在のネットの使い方に大きく影響しているとして、ネットの使い方を左右する、PC、ネット、ブロードバンド、携帯電話、ワープロ専用機といった機器の社会への浸透を「メディアインパクト」と捉え、人生のどのようなタイミングでこれらのメディアインパクトと出会ったかという観点から、ネットユーザーを以下の8つの世代に区分している。

  • 1985〜1991年生まれ「電脳生活世代」:義務教育の段階からパソコンが整備されており、高校生までにはブロードバンド環境を獲得
  • 1980〜1984年生まれ「ネット娯楽世代」:高校生までにネットを経験し、大学時代にはさまざまなデジタル機器との接触があった
  • 1975〜1979年生まれ「つながり世代」:高校卒業後、大学時代にネットや携帯電話と出会った世代で、特に女性ではかつてのポケベルコミュニケーションと同様、常に誰かとつながっていることを重視する傾向がある
  • 1968〜1974年生まれ「ネットコンビニ世代」:就職してPCと出会った世代。ネットも忙しい毎日をうまくやりくりするためのショッピング、バンキングなど機能的な使い方が特徴
  • 1959〜1967年生まれ「メディア乗継世代」:会社入社時はワープロ専用機で仕事をしており、30代でPCやネット環境を得ている
  • 1950〜1958年生まれ「ネット格闘世代」:40代でPC、ネット、携帯電話に出会った世代で、男性は仕事のためにPCやネットと格闘
  • 1942〜1949年生まれ「ネット手ほどき世代」:50代でPC、ネットに出会った世代。男性は仕事で活用している人が4割を超える。男女ともeトレードの利用率が高いのが特徴的。
  • 1937〜1941年生まれ「スローメディア世代」:男性は定年後、女性も60代でPC、ネットに出会った世代。ネットは「なくてもよいがあると生活が便利になるもの」と捉えられており、ニュースや天気予報などの情報の確認や、メール利用が中心

 調査は8月に、インターネットリサーチによって行われた。有効回答数は1667サンプル。IMJBCでは、この調査と分析をもとに「ネットユーザー白書2006」を10月中旬に発売する。価格は4万8000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加