DeNAの「モバゲータウン」で地図情報と連動したコミュニティ機能を追加--地域連動型広告も開始

ニューズフロント2006年09月20日 16時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は9月20日、携帯電話専用ゲーム/コミュニティサイト「モバゲータウン」に、地図情報と連動したコミュニティ機能を追加すると発表した。ユーザーが地図上の任意の地点に個人用ページや掲示板(BBS)を作成し、情報交換を行える。

 ゼンリンが持つ日本国内の地図を取り込み、サイト上に掲載する。ユーザーは地図を検索し、任意の地点に「家」として個人用ページを開設。アバターを住まわせる。

 アバターを使って、ほかのユーザーの家を訪問することも可能。また地図上に地域の飲食店などに関する掲示板を設け、アバターを通じて口コミ情報をやりとりできる。

 DeNAでは、地図上に地域情報に関する広告を導入する。ユーザーが閲覧している地図や、ユーザーの現在地付近の店舗情報などを自動検出し、クーポン付きの広告などを掲載する。

 ユーザーは外出先などで、現在地周辺の地図や口コミ情報を確認しながら、その場ですぐ使えるクーポンなどを取得できるという。同社では「実際の地図情報とSNSを融合させる新しい試み」としている。

 利用料金は無料。対応機種はNTTドコモの「FOMA 70x」「90x」シリーズのほか、KDDIの「WIN Flash」対応機とボーダフォンの「3G Flash」対応機。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加