トヨタのサイト価値は1528億円--日本ブランド戦略研究所調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブランド戦略やウェブ戦略に関するコンサルティングを手がける日本ブランド戦略研究所は9月11日、一般消費者向けの事業を行う日本の有力企業198社のウェブサイトの金額価値を、事業に対するウェブサイトの貢献度に基づいて測定し、その結果を公表した。

 調査によれば、1位は4年連続トヨタ自動車で、1528億円だった。2位は全日空で831億円、以下、3位ホンダが741億円、4位松下(電器産業/電工)が700億円、5位日本航空が614億円という結果となった。なお、上位20位までのウェブサイト価値は以下の通り。

順位企業・ブランド名サイト価値
1トヨタ自動車1527億6700万円
2全日空(ANA)830億6300万円
3ホンダ740億6600万円
4松下(電器産業/電工)699億8700万円
5日本航空(JAL)613億9900万円
6NTTドコモ502億8200万円
7JTB501億3500万円
8日産自動車495億5300万円
9JR東海493億3500万円
10キリン420億9300万円
11Yahoo!BB367億5500万円
12au364億3100万円
13サントリー343億8300万円
14JR東日本340億7600万円
15ソニー322億2400万円
16積水ハウス303億4800万円
17東芝286億9600万円
18ベネッセ271億800万円
19アサヒ267億9000万円
20スズキ255億5400万円

 ウェブサイトの貢献度は、6月に全国の一般消費者を対象に実施したアンケート調査結果および財務データを基に、商品の販売への貢献度と、企業や商品の認知度、好感度などのブランド向上への貢献度の2つの側面から評価した。アンケート調査の有効回答数は6767。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加