「Second Life」の仮想世界、その実態は?初体験の記者がリポート

文:Leslie Katz(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、矢倉美登里、長谷睦2006年09月06日 22時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ドレスアップ」といっても、わたしの場合はたいてい、いつものカジュアルな服装にスカーフをプラスする程度のことだ。そんなわたしが、ジーンズとタンクトップ姿でいるのに気まずさを感じ、急に人目が気になり始めたのはなぜだろう?

 それはたぶん、同じ部屋にいるほかのアバターがハイヒールや羽根飾り、ひらひらしたスカートなどで着飾っていて、その姿が目がくらむほどすてきなので、こっそりこの場を抜けだしてイブニングドレスを買いに行きたい気持ちになっているからだ。ファッションが気になるなんてわたしらしくないことなので、我ながら驚いてしまう。それも、場違いな普段着姿なのはわたし自身ではなく、わたしのバーチャルコピーなのだからなおさらだ。

 もちろん、コンピュータのモニタ--それからかなりの地理的距離--によって、ほかのアバターの背後にいる人たちと隔てられていることはわたしも十分承知している。それでも、Linden Labが運営する「Second Life」の、住民たちが創り上げ、所有する、自由な3Dデジタル世界に足を踏み入れたばかりのわたしは、大勢の見知らぬアバターに自分の価値を認めてもらおうとつい頑張ってしまうのだ。バーチャルな衣装が入った箱をマウスで何度かクリックして開けるのだと、ほかのアバターが教えてくれようとするが、わたしはよく理解できず、箱を頭にかぶった姿になってしまう(たとえサイバー空間でもあまり格好よくはない)。みんなに大笑いされ、わたしは恥ずかしさのあまり「Awesome Designs」ブティックを飛び出したくなる。はたして、アバターでも赤面できるものなのだろうか?

 この巨大なデジタル大陸で過ごす2日目は、そんなふうに過ぎていった。Second Lifeでは世界中から参加した50万人以上の居住者が、バーチャルなダンスクラブやカジノ、画廊、講堂などの施設で、娯楽や教育、創造力を発揮する機会を生かし、「もう1つのライフスタイル」とでも呼ぶべき生活を楽しんでいる。わたしはNeal Stephenson氏の「スノウ・クラッシュ」も読んでいないし、アバターを創ったこともなく、オンラインゲームをしたことすらなかったので、Second Lifeを始めればきっとカルチャーショックに陥るだろうとは思っていた。

 事前にはオンラインのアニメーションのようなものを思い描いていたのだが、実際にわたしが目にする光景は想像よりもはるかに手が込んでいる。山々や浜辺、ジャングルといった広大な風景がデジタルで巧みに表現され、そのなかに、あずまや、要塞、灯台、屋外型のショッピングセンターなどが点在している。

 美しい衣装に身を包んだアバターたちは、夢のような空間を歩き回り(ときには上空を飛んで)、あちこちに立ち寄りながら、インスタントメッセージ(IM)や、すべての人に公開されたチャットを通じて他の人とコミュニケーションを取る。わたしは現実世界で送っている「第一の生活」もとても気に入っている。しかし、最近になって見つけた第二の生活(Second Life)は、目もくらむような別世界だ。ゴミもなく、夢のようで、可能性にあふれている--好きなものを描ける、動くカンバスなのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加