logo

YEデータ、UWB(超広域無線通信技術)を用いたワイヤレスハブを発売へ

エースラッシュ2006年08月29日 18時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワイ・イー・データ(YEデータ)は8月29日、UWB(超広域無線通信技術)を用いたワイヤレスハブを製品化したと発表した。10月から販売を開始する。

 UWB技術を使ったワイヤレスハブの製品化は、2006年8月の電波法施行規程が改正されUWBの使用が許可されたことを受け、米Wisairとの共同開発により実現したもの。

 YEデータが持っているUSB技術と研究レベルにあったアンテナ技術を実用化し、WisairのUWB技術を用いて、日本発のワイヤレスハブの製品化を行ったという。製品はUSBドングルをPCのUSBポートに差し込み、4ポートのワイヤレスハブに既存のUSB周辺機器を接続してPCとハブ間をワイヤレスでデータ転送して使用する。

 なお、製品のサンプル出荷時期は2006年9月21日から、量産の開始が2006年10月21日からが予定されている。また、販売価格はオープンで、2006年度に1億5000万円、2007年度には15億円の売上げを見込んでいる。

-PR-企画特集