ビジュアルテクノロジー、HPCクラスタの認証手段として「RSA SecurID」を採用へ

ニューズフロント2006年08月23日 20時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティと、高性能コンピューティング(HPC)向けハード/ソフトのビジュアルテクノロジーは8月23日、ワンタイムパスワード生成カード「RSA SecurID」ベースのシステム構築について提携したと発表した。

 ビジュアルテクノロジーは、HPCクラスタシステム、クラスタ管理ソフト、数値演算ライブラリ、HPC向けOS、計算性能向上ミドルウェアなど、科学技術計算向けハードやソフトを提供している。今回のRSAセキュリティとの提携により、HPCクラスタシステムにRSA SecurIDを組み合わせ、「安全性に優れたセキュリティソリューションをワンストップで提供する」(両社)という。

 両社では「ビジュアルテクノロジーのHPCクラスタシステムを利用するユーザーは、研究や開発の競争が激しい業界が多く、取り扱うデータは機密性が非常に高い。ユーザー認証にRSA SecurIDを利用したソリューションにより、ログイン時のセキュリティ強化と信頼性の向上を実現する」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加