KDDI、auの通信インフラを機能拡張--通信速度が1.8Mbpsに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラーは8月22日、au携帯電話のデータ通信インフラ「CDMA2000 1xEV-DO」を拡張した「EV-DO Rev.A」および「BCMCS」を世界で初めて導入すると発表した。EV-DO Rev.Aは2006年12月より、BCMCSは2006年9月より導入する。

 EV-DO Rev.Aは、従来のEV-DO Rev.0(CDMA 1X WIN)より上り通信速度を144kbpsから1.8Mbpsに高速化し、パケット通信の遅延制御を可能にする。このため、IPによる双方向リアルタイム通信に適している。KDDIではまず、VoIPを利用したテレビ電話サービスを開始する。また今後は、VoIP音声通話、ブログ、メールなどのコミュニケーションサービスを拡充していく予定。なお、利用エリアは2006年度末までに全国主要都市をカバーし、その後も拡大していく。

 BCMCSは、コンテンツの一斉同時配信を実現する機能。同一チャンネルで多数の利用者に一斉配信できるため、周波数の利用効率を格段に高め、リアルタイム性の向上と大容量コンテンツ配信が可能になる。KDDIでは、この機能をニュースや映像コンテンツサービスの拡充に活用するという。BCMCSは、EV-DO Rev.0の既存設備を利用できるため、2006年9月より全国に提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加