IBM、Transitiveとの提携で「Power」プロセッサ搭載サーバへのLinux導入を推進

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:藤原聡美、福岡洋一2006年08月16日 20時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間8月15日、顧客が「Power」プロセッサ搭載サーバでLinuxを稼働させるために必要なソフトウェアの拡充を目的に、新興企業のTransitiveとの業務提携を発表した。

 Transitiveのソフトウェア製品である「QuickTransit」は、あるプラットフォーム向けに作られたソフトウェアを、ソースコードやバイナリに手を加えることなく別のプラットフォームでも利用できるようにするものだ。サンフランシスコで開催中のLinuxWorld Conference and ExpoでIBMとTransitiveの関係者が語ったところによると、今回の提携で、Intelの「Xeon」やAdvanced Micro Devices(AMD)の「Opteron」といったx86チップを搭載したメインストリームサーバ用のLinuxが、IBMのPowerプロセッサ搭載サーバで動作するようになるという。

 IBMでLinuxおよびオープンソース部門を担当するシニアバイスプレジデントのScott Handy氏は会見で、ソフトウェアのテスト版の出荷開始は2007年の第1四半期になる予定で、それに先駆けて初期のトライアル版を2006年第4四半期に提供する、と述べた。

 ソフトウェアはIBMが配布元となる。「IBM製サーバ向けQuickTransitの製品版は、IBMのPowerプロセッサ搭載サーバの一部に標準でつくことになる」と、Transitiveは声明の中で明らかにしている。

 しかし、QuickTransitは逆方向の変換にも使用できる。IntelもTransitiveと協力して、PowerプロセッサのようなRISC(Reduced Instruction Set Computer:縮小命令セットコンピュータ)チップ用のソフトウェアをx86チップで動作させられるようにする製品の開発にあたっている。

 IBMのPowerプロセッサを搭載したシステムは主にIBM版UNIXであるAIXで動作するが、IBMはLinuxの導入も奨励している。しかし、x86サーバ以外の領域では概してLinuxの導入は進んでいない。

 QuickTransitは、ロード時にアプリケーションをトランスレートする。よく使う命令はメモリに保存しておくのでいちいちトランスレートし直す必要はないが、それでもパフォーマンスは、もともと特定のプロセッサ用に作られ、その上で動作しているソフトウェアには及ばない。

 とはいえ、便利な変換ツールではある。QuickTransitは、新しいIntel CoreベースのMacで「PowerPC」用のソフトウェアを動作させられるようにするApple Computerの「Rosetta」技術の基にもなった。またSilicon Graphicsは、顧客がQuickTransitを使って、古いMIPSベースのコンピュータ用のソフトウェアをIntel製「Itanium」プロセッサで動作させられるようにしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加