いつでもどこでも自宅のテレビを楽しめる--IO DATA「Slingbox」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイ・オー・データ機器
SB100-120
内容:「Slingbox」は、ネットワークに対応したTVチューナBOXだ。本製品を家庭内LANに設置しておけば、LAN内のどのパソコンからでもテレビを見ることができる。さらに、旅行先や出張先からインターネットを利用して自宅のテレビを見ることができる便利な製品だ。

LAN上のパソコンから、およびWAN経由でテレビを視聴できる

  • 製品パッケージ。一部は日本語化されているものの、ロゴやブリスターのデザインなど、日本にはないテイストだ

 本製品は、接続インターフェイスにUSBやPCIではなく、LANを採用したTVチューナーBOXだ。LAN接続のため、特定のパソコンに依存することなく、LANに接続されているパソコンであれば、どのパソコンからでもテレビの視聴が行える。モバイルタイプのノートのように、本体にチューナーカードを増設しにくい製品であっても、本製品を使えばパソコン本体への機器増設なしで手軽にテレビの視聴が可能になる。

 また、ルータを超えて、旅行先や出張先など、外出先からも自宅のテレビの視聴が行える。海外から自宅のテレビを観るといったこともできる。前回レビューした「どこでもTV for Skype」とよく似たソリューションを持った製品だ。 このテの製品につきものなのが、どのくらい手軽にテレビが観れるかどうかということと、あとパフォーマンスの問題だ。さらに、自宅外から視聴するための設定の容易さも大きなポイントになる。今回は、本製品と同様のソリューションである「どこでもTV for Skype」とも比較しながら、本製品の特徴を見ていきたい。

  • SlingBox本体。板チョコをモチーフにしたという特異なデザイン。実際に設置してみると見た目よりも場所を取る

  • 上面には「MY VIDEO〜ANYWHERE」といった製品の特徴を伝える文字が刻印され、さらに放熱用の穴がモールドされている。日本人では絶対に考え付かないデザインセンスだ

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加