logo

フォトレポート:アップル「WWDC 2006」、開幕を控えた会場の様子

CNET News.com Staff2006年08月07日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Apple Computerが米国時間8月7日に開催する開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」。その準備が4日、会場となるサンフランシスコのMoscone Centerで進められていた。会場内には、新しいMac OS X「Leopard」(開発コード名)が搭載するソフトウェアのアイコンなどをあしらったディスプレイが見られた。
Scroll Right Scroll Left

 Apple Computerが米国時間8月7日に開催する開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」。その準備が4日、会場となるサンフランシスコのMoscone Centerで進められていた。会場内には、新しいMac OS X「Leopard」(開発コード名)が搭載するソフトウェアのアイコンなどをあしらったディスプレイが見られた。

提供:Andrea E. Reed/CNET Networks

 Apple Computerが米国時間8月7日に開催する開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」。その準備が4日、会場となるサンフランシスコのMoscone Centerで進められていた。会場内には、新しいMac OS X「Leopard」(開発コード名)が搭載するソフトウェアのアイコンなどをあしらったディスプレイが見られた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]