logo

マイネット・ジャパン、ニュースの共有や編集が可能な「newsing」を開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイネット・ジャパンは7月27日、ユーザー間でニュースを共有し、編集可能なニュースサイト「newsing(ニューシング)」を開設した。

 newsingは、ユーザーが自分の意見を添えてピックアップしたニュース記事を公開できる機能や、公開された記事に対してユーザーが○×投票を行えるファシリテイト機能、国内ニュースサイト検索機能、携帯電話によるモバイル閲覧機能をそなえる。

 ユーザー登録は無料で、登録ユーザーは、ブックマークレットを使って記事を簡単にピックアップし、投稿することが可能。投稿された記事は、登録ユーザーの投票やコメントの数、記事の新しさなどをもとにランキング表示され、他のユーザーによって整理、ランク付けされた情報が一覧できる。また、一定の人気を獲得した記事はRSSで配信される。

 未登録ユーザーでもほとんどのページの参照が可能となっているが、ユーザー登録をすることにより、自分が投稿や投票をした記事やタグの一覧やプロフィールが掲載されたマイページを持つことができる。

 マイネット・ジャパンでは、newsingについて、2006年12月末時点で登録者数15万人、月間閲覧者数150万人を目指すとしている。

 マイネット・ジャパンは、同社代表取締役社長の上原仁氏がNTTレゾナントを退職して、仲間5人とともに資本金800万円で6月14日に設立したばかりのベンチャー企業。現時点での株主は創業者メンバーの他に、ミクシィの代表取締役である笠原健治氏、アリエル・ネットワーク勤務の徳力基彦氏など、個人ばかりとなっている。なかでも、ミクシィの笠原氏が、個人で企業に出資するのは初めてのことだ。

newsing

-PR-企画特集