logo

ソフォス、「スパム送信国ワースト12」を発表、ロシアからの送信増加を指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフォス(アラン・ブロデリック社長)は7月25日、06年第2四半期(4−6月) の「スパム送信国ワースト12」を発表した。

 ワースト1位は、送信比率23.2%のアメリカ。続いて、中国(香港を含む、2 0.0%)、韓国(7.5%)、フランス(5.2%)、スペイン(4.8%)、ポーラン ド(3.6%)、ブラジル(3.1%)、イタリア(3.0%)、ドイツ(2.5%)、イ ギリス(1.8%)、台湾(1.7%)、日本(1.6%)の順。

 アメリカのスパム送信比率は、過去2年間で初めて、前期より改善されなか った。中国と韓国は、06年第1四半期からスパムを減少させるための管理強化 を開始したが、ワースト1位のアメリカに僅差で迫っている。イタリアは今回 新たにランクイン。日本から発信されるスパムの数は減少し、12位に順位を下 げ、世界での送信比率も1.6%まで落ちた。

 地域別のスパム送信のランキングは、ワースト1位が40.2%のアジア。続い てヨーロッパ(27.1%)、北米(25.7%)、南米(5.5%)、オーストラリア (0.7%)、アフリカ(0.7%)の順。アジア地域でも引き続き増加しているが、 ヨーロッパでの送信量が拡大し、アメリカに代わる大量スパム送信地区となっ た。

 その他の注目される動向として、ワースト12か国には含まれていないロシア からの送信が顕在化していることを指摘。ロシアのスパマーが大規模なゾンビ PCネットワークを構築し、スパム送付に対する価格表まで配布してスパム送信 を請け負っているという。

 スパム送信手法としては、コンテンツを画像データに含むスパムが35.9%に まで増加していることを挙げた。株価情報を流して株価を操作し、短期間で不 正に利益を得ようとする「ポンプ&ダンプ詐欺」も15%にまで増加した。

 ソフォスでは、ゾンビネットワークの一部になる危険性を回避・削減するた め、ウイルス対策ソフトを最新に保つこと、ファイアウォールをインストール すること、最新のセキュリティパッチを適用することを奨励している。

-PR-企画特集