弥生、16万件以上の顧客情報が流出--流出経路は調査中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 弥生は7月25日、同社が提供する業務ソフト「弥生」シリーズの顧客情報の一部が、外部に流出していたことを発表した。

 今回流出が判明したのは、2005年11月から2006年1月までに、同社から弥生会計、弥生給与、弥生販売のバージョンアップキャンペーン情報を文書で受け取った16万4304名分の顧客情報。内訳は、登録名義、登録住所、登録電話番号、担当者名の4項目となっている。

 弥生の説明によると、6月21日に「弥生製品の登録以外で公開していない電話番号に先物取引を勧誘する電話があった」と、顧客2名からカスタマーセンターに連絡が入ったという。そのうち1名が電話で先物取引業者の社名を聞いていたため、弥生が弁護士を通じて業者に問い合わせたところ、名簿業者から同社の顧客情報を購入していたことが判明した。

 弥生では先物取引業者と名簿業者に対して、弁護士を通じて顧客情報の破棄を求めたと説明する。顧客情報の経緯については「現在調査中」としている。

 弥生では警察へ届け出をしているほか、対象の顧客に謝罪の文書を送付する。また、事件の進捗についてはホームページ上で報告するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加