マイクロソフトのiPod対抗ブランドが明らかに--その名は「Zune」

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年07月22日 18時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが米国時間7月21日、Apple ComputerのiPodに対抗するためのブランド「Zune」を準備中であることを認めた。

 Microsoftによれば、同社ではZuneブランドの下、音楽ソフトウェアおよびプレイヤーを提供していく予定であるという。MicrosoftがiPod対抗デバイスを準備しているという噂は何週間も前から流れており、同社は今回その噂を認めた格好だ。だが、同社はまだ詳細については情報を伏せている。

 Microsoftのマーケティングを担当するゼネラルマネージャーのChris Stephenson氏は声明で、「われわれが、音楽とエンターテインメントを提供するためのプロジェクト『Zune』を進めていることは事実だ。Zuneブランドの下、ハードウェアやソフトウェアの製品シリーズを提供する予定だ。最初のシリーズは2006年内に提供を開始する」と述べた。

 年内に提供開始されるデバイスはWi-Fi機能を備え、楽曲はハードディスクに保存されると、Microsoftは述べている。これまでも、新しいデバイスがワイヤレス通信機能を備えており、この機能を使って楽曲ファイルを転送できるようになるだろうという憶測が流れていたが、Stephenson氏の声明は、この憶測を認めた格好となっている。

 「これはわれわれにとっても、技術とコミュニティを結びつけ、消費者とともに音楽の世界を探検し、発見をする良い機会である」とStepenson氏は述べる。Microsoftの広報担当はこれ以上詳細の情報については、コメントを控えているが、Stephenson氏はBillboard誌に対し、ほかのZune端末も現在準備中で、これにはビデオ対応デバイスも含まれると述べている。

 MicrosoftはZuneの宣伝サイトを立ち上げており、Regina Spektorの「Us」を流している。さらに「Zune Insider Blog」にはZuneの取り組みに関する情報が記載されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加