logo

三洋、世界最短投影距離の液晶プロジェクター、教育・ビジネス向けに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機(井植敏雅社長)は7月18日、世界最短投映距離の液晶プロジェク ター「LP-XL40」を10月に発売すると発表した。税別価格は49万8000円。教育 現場やビジネス用途での利用を見込む。

 超短焦点レンズ搭載し、80インチの画面を103センチの距離から投映できる。 投映面の近くに置いて大きな画面を映せるため、学校の教室の教卓に置いて黒 板に投映したり、狭い会議室でのビジネスプレゼンテーションに利用すること が可能。プロジェクターを動かそうとすると、その振動を感知し、アラームを 鳴らす「振動感知式オーディオアラーム」を搭載し、セキュリティ機能も高め た。

 同社では、ホール・映画館用の大スクリーンタイプからモバイルタイプまで、 幅広い液晶プロジェクターを手がけているが、今後、教育機関や設置スペース の問題で導入が進まなかったSOHOなどでプロジェクターの利用が進むと予測。 短距離で投影できる製品を投入することで、事業の拡大を目指す。

-PR-企画特集