松下とソニー、HDDVカメラ規格「AVCHD」の仕様拡張とライセンスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器ソニーは7月13日、HDデジタルビデオカメラ規格「AVCHD」の仕様拡張およびライセンスを開始したと発表した。

 この規格は、松下とソニーが本年5月11日に基本仕様策定を発表したもので、解像度の高いHD(デジタルハイディフィニション)映像の記録、再生を可能にするためのもの。今回の仕様拡張により、これまで8cmDVDメディアのみであった対象記録メディアに、SDメモリーカードとメモリースティック、HDDを追加し、「AVCHD規格(Ver1.0)」として新たに仕様を策定した。

 ライセンスにおいては、従来のビデオカメラ用ライセンスプログラムに加え、再生機器用およびパソコンソフトウェア用のライセンスプログラムも用意した。これによってAVCHD規格の再生環境を拡大し、記録した映像をさまざまな機器で再生、編集することが可能になる。

 なお、AVCHD規格にはアドビ システムズ、キヤノン、サイバーリンク、インタービデオ、Nero、パイオニア、サムスン電子、シャープ、米ソニック・ソルーションズ、ユーリードシステムズが賛同しており、今後もライセンスプログラムを通じて家庭用HDビデオカメラ市場の拡大を推進するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加