logo

マイクロソフト、「Windows 98」「Windows Me」の延長サポートを終了

文:Munir Kotadia(Special to CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年07月12日 20時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月11日に「Windows 98」と「Windows Me」用のセキュリティ更新ファイルの配布とサポートの提供を終了した。両OSのユーザーはまだ5000万人以上いる。

 Windows 98発売から8年、Microsoftはとうとう、このOSのアップデートとセキュリティホールの修復から手を引いた。同社は当初、2004年1月に同OSへのサポートを打ち切る予定だったが、サポートの再延長を決定していた。

 Microsoftはこれを機会にWindows 98、Meのユーザーが「Windows XP」にアップグレードしてくれることを望んでいると、Microsoft Australiaの最高セキュリティアドバイザーPeter Watson氏は言う。

 「Microsoftは大手小売店と緊密に協力して、Windows XPへのアップグレードを促進するための割引キャンペーンなどの施策を展開する」と同氏はZDNet Australiaに語った。

 アナリスト企業は、Windows 95、Windows 98、Windows Meを稼働するコンピュータは5000万台から7000万台あると試算している。

 調査会社Gartnerでクライアントプラットフォーム担当のリサーチバイスプレジデントMichael Silver氏は、サポート打ち切りによって最も困るのは個人ユーザーと学校だと言う。同氏は旧版WindowsのサポートはLinuxの脅威と戦うために延長されてきたという見方をする人のうちの1人だ。

 Silver氏はZDNet Australiaに「セキュリティフィックスを入手できなくなるのだから、個人ユーザーと学校はこの発表による影響を大きく受けるだろう。Microsoftが何年か前にWindows 98のサポートを打ち切る決断を撤回したのも、個人ユーザーや学校を対象とした市場にLinuxが入り込まないようにするためだったのだろう」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集