バンダイビジュアルとバンダイチャンネル、アニメコンテンツサイト運営の子会社設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイビジュアルは6月27日、バンダイチャンネルとの共同出資により、子会社を設立すると発表した。

 新会社の名称は「アニメチャンネル」で、7月19日に設立の予定。資本金は2億円、発行株式総数は4000株。出資比率はバンダイビジュアルが51%、バンダイチャンネルが49%となっている。

 バンダイビジュアルは、現在、新規事業グループで開発中のアニメコンテンツサイトの運営を新会社に移管する。また、バンダイチャンネルは、他のISPと同様に新会社に対してアニメ番組を供給するとともに、配信ビジネスのノウハウを提供するとしている。

 新会社は両社の支援のもと、アニメコンテンツサイトの運営を通じて、DVDビデオやオリジナル商品等のEコマース事業をはじめ、音楽配信、映像配信、電子出版など、パッケージとネットワークというふたつのメディアを融合した事業展開を行う。アニメコンテンツサイトは、9月のオープンを予定している。

 なお、新会社の業績が、バンダイビジュアルの連結および単体の業績に与える影響は軽微であるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加