logo

WinFS、次期SQL Server「Katmai」で正式デビューへ--MS開発者がブログで明らかに

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年06月27日 11時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、WinFSの技術を最初にWindowsではなくSQL Serverデータベースに採用することを決定した。WinFSのプログラム管理チームを率いるQuentin Clark氏が米国時間6月23日付けのブログで計画を明らかにした。

 Clark氏によると、次期SQL Server(開発コード「Katmai」)では、非構造化データの格納や運用の自動化などでWinFSの機能を活用する予定だという。

 Microsoftは2003年にWinFSの説明を行った際、これが2007年1月に出荷されるWindows Vistaの「柱」の1つになると述べていた。しかし同社はその後、WinFSの開発は継続するものの、Vistaへの搭載を見送ると発表した。

 WinFSの当初の目標は、すべてのWindowsアプリケーションに共通のファイルシステムを提供することで、Microsoftはこの構想を何年も前から語っていた。メーラのOutlookなどのアプリケーションごとに専用のファイルフォーマットを用意するのではなく、WinFSですべてのアプリケーションに対応するというのが当初の構想だった。

 Microsoftは今もWindowsへのWinFS搭載をあきらめていない。だが、機能の一部をSQL Serverに組み込むという今回の決定は、同社がWinFSを独立したコンポーネントとして提供する予定はないことを意味すると、Clark氏は述べる。

 「これらの変更は、WinFSを個別に提供する意向がないことを意味する。今はWinFSの機能のうち、機が熟したものをSQL(Server)やADO.NETに組み込むべく作業している。WinFSを独自の製品として提供する必要はなくなったということだ」とClark氏のブログには書かれている。

 Clark氏のブログには、WinFS戦略の新しい情報に対する失望のコメントも寄せられている。

 たとえば、同氏のブログには「WinFSは、ファイルシステムを強化し、Windowsアプリ用に新しいデータストレージプラットフォームを提供するWindowsのコンポーネントとして売り込まれていた。だが、この構想は消えた。取り返しの付かないことになってしまった」とのコメントが書き込まれている。

 Microsoftの幹部らによると、SQL Server 2005の後継バージョンであるKatmaiは、向こう2〜3年のうちにリリースされる見通しだという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集