logo

Web 2.0の挑戦者:モバイルインターネット活用のためのマッシュアップMobilicio.us

文:Emily Chang 翻訳校正:吉井美有2006年06月21日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mobilicio.usの創設者であるRob ShieldsとJason Colemanがメールでのインタビューに応えてくれた(2006年4月7日)。

eHub:Mobilicio.usはどのようなサービスを提供するWebアプリケーションですか。

Mobilicio.us:Mobilicio.usは、del.icio.usオンラインブックマークサービスとGoogleのモバイル検索ツールを組み合わせたマッシュアップです。Mobilicio.usを使用すれば、携帯端末やその他の表示領域が制限されたデバイスからdel.icio.usブックマークのモバイル版をブラウズできます。また、モバイル機器からお目当てのサイトにアクセスするとき、Googleのモバイル検索に長いURLを入力する必要もなくなります。携帯のキーパッドを使用した入力は、苦痛ですよね。T9を使用していないと、とりわけそう感じるはずです。

eHub:このプロジェクトを始めたきっかけは何ですか。

Mobilicio.us: Rob Shields:最初は、わたしの個人的な理由からです。これはブログでも書いたのですが、わたしは、ノートブックPCを持参していないときやWi-Fi無線アクセススポットが近くにない場所では、携帯電話からインターネットにアクセスすることがよくあります。最初にGoogleのモバイル検索機能を見つけたときは、天の恵みのように思えました。しかし、携帯の小さなキーパッドを使ってURLを何度も入力しているうちに、もっと簡単にこうしたサイトにアクセスする方法があるはずだと思ったのです。キーパッドの上にパーソナライズされたシェルみたいなものを被せることができるんじゃないかと。このアイデアをJasonに話すと、彼は少し考えて、わたしのアイデアを実現できるとわかったようでした。

Jason Coleman:Robのアイデアを聞いたあと、わたしは彼にこう言いました。「今週末にでもプログラムを書いてみるよ」。わたしはこのチャレンジに興奮していました。結局Mobilicio.usを支えている基本的な技術は、その週末に書いたプログラムで実現できてしまいました。もちろん、特定の端末やブラウザで起こるさまざまなバグについては現在修正している最中です。

eHub:Mobilicio.usの運用や拡張にどのくらいの時間を割いているのですか。本業はお持ちですか。

Jason:Robもわたしも大手コンサルティング会社の常勤コンサルタントです。わたしが、これまでにMobilicio.usのプログラミングとマーケティングに費やした時間は、先ほどのプログラミングに週末を一度つぶしたのと、あとは1日につき2〜4時間程度です。

Rob:Jasonは技術的な仕事の大半を担当し、わたしは検証とユーザーから寄せられるメールへの回答を書く作業を担当しています。サイトの設計、ブログの入力、その他のコンテンツには2人とも関わっています。ああ、それからドメイン名の登録に大枚9ドル95セントをわたしが支払いました。それが、このプロジェクトの出資金ですね。

Jason:おい、わたしが支払ったホスティング料も忘れないでくれよ;)

eHub:スタッフは何人くらいいるのですか。また、お二人の経歴をお聞かせください。

Mobilicio.us: Rob:わたしはヴァージニア大学でシステム工学の理学士号を取得し、Accentureに入社しました。2000年には、ストックオプションで数百万ドル儲けてやろうと目論んでEvolve Softwareに転職しました。結局うまくいきませんでしたが。ドットコムバブルがはじけたころは、企業向けインテグレーションのコンサルタントとしてBearingPointに籍を置いていました。その後、2004年秋にAccentureに戻り、現在SOAの仕事に従事しています。

Jason:わたしは現在23歳で、14歳の頃からいろいろなホームページを作成してきました。2000年に、フィラデルフィア近郊のHaverfordカレッジに入学し、コンピュータサイエンスを専攻しました。学生時代には、大学の教養学科向けに、またわたしが興したWeb設計会社Stranger Studiosの仕事の一部として、Webサイトの構築の仕事をして収入を得ていました。また、Haverfordの学生グループが作成したポータルサイトの構築にも関わりました。このサイト(http://go.haverford.edu)は大成功を収め、今でも使用されています。現在は、コンサルタントとしてWeb以外の仕事をしており、本業を終えてからMobilicio.usの保守を行っています。

eHub:お二人の設計哲学をお聞かせください。

Mobilicio.us: Jason:Mobilicio.usは、2つの大きな問題を解決することを目標にしており、われわれの設計哲学も、どうすればその2つの問題を最善の形で解決できるかという点が軸になります。1つは、どうすれば携帯電話からオンラインブックマークに簡単にアクセスできるかという点、もう1つは、携帯電話で、ブックマークの背後のコンテンツを読みやすく使いやすいものにするにはどうすればよいかという点です。

Rob:わたしも同じです。要は、モバイルの使いやすさをいかに高めるかということです。まず、ユーザーを目的のサイトにできるだけ少ないクリック数で誘導することです。これにより、パケット数も最小限に抑えられます。これは特に重要な点です。モバイル機器でのブラウジングは難しい面が多く、データ流量が増えてユーザーの金銭的負担が大きくなりがちだからです。第二に、モバイルのようなミニマリスムのアプローチでは、機能と効率性のバランスをとる必要があります。データ量を最小限に抑えても、それによって利便性も損なうようでは、ユーザーにとってメリットにはなりません。

Jason:われわれは常に新しい問題について考えています。そうした問題をMobilicio.usで解決するのか、他の方法で解決するのかを判断するのもわれわれの仕事です。例えば今、携帯電話でRSSフィードを読む機能を追加したいと考えています。それには、RSSリーダーをMobilicio.usに組み込むのがよいのか、del.icio.usのリンク経由で他のリーダーにリンクしてもらうようにするのか、別のモバイルRSSリーダーを推奨するか、といった選択肢があります。Mobilicio.usの設計方針を論じる際にはこうした問題も話し合っています。

-PR-企画特集