MSトップ交代--ゲイツ氏が社員にあてた電子メール

文:CNET News.com Staff 翻訳校正:河部恭紀(編集部)2006年06月16日 17時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft会長兼チーフソフトウェアアーキテクトのBill Gates氏、同最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏の両氏は、創設30年以上を経て迎えた今回のトップ変更について、自社従業員にあてた電子メールでそれぞれの見解を記している。以下がその電子メールの本文となる。

Gates氏の電子メール

 6年前にSteveと私はトップ交代を行い、SteveがCEOに就任した。Steveは、起用する人材、新しい経営スタイル、あるいは6年間で売上高倍増などの数字、どの点から見ても素晴らしい手腕を発揮してくれた。

--中略--

 言うまでもないが、これは簡単な決断ではなかった。Microsoftは常に私の人生において大きな位置を占めていて、これまで2つの役職に就けたことを幸運だと思っている。どちらも重要で、取り組みがいのあるポストだった。

 個人的には、基金(Bill & Melinda Gates Foundation)での世界の健康と教育に関する取り組みは、Microsoftの大きな成功なしには実現し得なかったことを理解しており、この会社に貢献してくれた過去と現在のすべての従業員に感謝の意を表したいと思う。

 この31年間、私は世界で最高の仕事を持てた。世界最高レベルの聡明かつ情熱のある人々と働くことができた。われわれは全員で、Microsoftを素晴らしい企業にし、その製品は世界中の人々にパワーを与えたのだ。

Ballmerの電子メール

 Billと私はこの数年間、会社における指導力の調整や、移行計画について話をしてきた。イノベーションの範囲を拡大するというわれわれの挑戦を達成できるよう、会社における指導力を拡大し、権限をさらに委譲するという、われわれの取り組みは上手く進んでいる。同時に、Billが会社で過ごすための時間を減らす時がきたならば、前もって十分なアナウンスをしようということで、われわれの考えは一致していた。そうすることで、Billが新しいリーダーたちと一緒に作業する時間を持つことができ、円滑な移行が確実になるためだ。Billと私は、この計画がMicrosoftの将来と確かなものにし、これまでの歩みを押し進めるだろうと確信している。

 Billがこの会社にもたらしたものすべてを、1人の人間が引き継ぐことはできない。しかし、Billと私は、Microsoftのイノベーションを止めることなく、強化させ、推進できるすばらしいチームを作り上げてきたと自信を持っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加