いちばんスマートでキレイなワンセグケータイ -- Vodafone 905SH

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vodafone
内容:いよいよVodafone 3Gにもワンセグケータイがやってくる。しかもこのワンセグケータイには、「AQUOSケータイ」と呼ばれるだけのクオリティと使い勝手が備わっている。そんなAQUOSケータイ905SHが作り出すスマートでキレイなワンセグケータイライフに迫った。

トリッキーなボディ、惚れるデザイン

  • 「AQUOSケータイ」の名を冠した905SH。背景は液晶テレビAQUOS

 ボーダフォンからリリースされたワンセグケータイ905SHは、Vodafone 3G(W-CDMA)に対応し、サイズ49mm×105mm、厚さ27mm、重さ約140g。これまでリリースされてきたワンセグケータイの中でももっとも軽量・コンパクトな部類に属する。

 ボディはヒンジ部やボタン部などがスクエアなデザインで統一されており、液晶背面はルイ・ヴィトンのエピシリーズのような少し粗めのラインが彫り込まれた意匠が高級感を醸し出している。904SHとともに、シャープ製のVodafone 2006年夏モデルでは、モノクロ背面液晶が復活している。電波状況や時間表示、メールの有無といったステイタスを、端末液晶を開かずに確認することができるようになった。

 右側面にボタンとminiSDスロットが集められ、使い勝手もシンプル。また背面のヒンジに近い部分には202万画素パンフォーカスのカメラ、フォトライト、FeliCa読み取り部がコンパクトに集められている。またヒンジ部の側面には赤外線ポートとテレビ用のアンテナが内蔵されており、アンテナは完全に引き出すと360度自由に回転させることができる。

 そしてトリッキーな動きをするのがサイクロイドと名付けられた液晶の回転機構だ。端末を開いた状態で液晶を時計回りに回転させることができる仕組みで、ワンセグやワイド液晶対応のゲームで、簡単に大画面を生かすボディへ変化させることができるようになっている。他のワンセグケータイも横長画面での表示に対応しているが、端末を自立・安定させた状態で横長画面を楽しむことはできない(専用の充電スタンドに頼ることになる)。その点でこのサイクロイドは、905SHのデザイン面でのアドバンテージを色濃くする仕組みといえる。

 サイクロイド機構のトリッキーさと粗めのライン加工のボディの上質さは、ワンセグケータイであることを抜きにしても、モノとして楽しめるレベルだ。日本のケータイの基本的なデザインスペックが高まってきたことを感じさせてくれる、そんな端末の姿をよく現しているのが905SHだ。

  • ヒンジ部分が液晶背面の半分まで大きくせり出し、ツヤ加工の中央部とツヤ消しの周辺部のスクエアなデザイン

  • 端末を開くと、机の上に置いて画面を見るのにちょうど良い角度でいったん止まる

  • 右側面。右からページ移動などのシーソーボタンとカメラのシャッターボタン、miniSDスロットが配置される

  • 左側面。左からイヤホンマイク・AV出力、データポートが並ぶ

  • 背面。ヒンジに近い部分にFeliCaマーク、カメラ、マクロスイッチ、フォトライトが集められている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加