iPodのUI、ITCが調査へ--クリエイティブ、特許侵害問題で示唆

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部)2006年06月15日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Creative Technologyは米国時間6月14日、米国際貿易委員会(ITC)が特許侵害の疑いでApple Computerのデジタル音楽プレーヤー「iPod」の調査を開始する計画であることを明らかにした。

 ITCは独立政府機関で、特許権侵害や不公正取引に関する調査を行っている。同委員会では、Creative(本社:シンガポール)とその米国子会社Creative Labsが5月に2件の訴訟を提起したことを受け、調査に乗り出すことになった。

 競合するポータブルデジタルメディアプレーヤー「Zen」のメーカーであるCreativeは、AppleのiPodはZenおよび「Nomad」の両デジタルメディアプレーヤーが保有するユーザーインターフェース関連特許を侵害した、と主張している。

 Creativeは、AppleのiPod、「iPod nano」、および「iPod mini」はCreativeの特許を侵害しており、恒久的な販売停止命令を求める、と主張している。

 同委員会はこの件を行政法裁判官に委託し、違反の有無に関する最初の判断を仰ぎ、その後この判断を慎重に検討する。通常、調査への着手から12〜15カ月後には判断が下る。

 Appleからコメントを得ることはできなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加