バッファロー、H.264録画対応のUSBテレビチューナー&キャプチャボックス

エースラッシュ2006年06月14日 19時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バッファローは6月14日、リアルタイムにH.264(MPEG4-AVC)形式で録画できるUSB外付けテレビチューナー&キャプチャボックス「PC-MV9H/U2」を、6月下旬より出荷開始すると発売した。

 H.264(MPEG4-AVC)形式は、画質を維持したままMPEG2の約3倍の高圧縮率で映像を圧縮できる方式だ。ハードディスクに大量録画ができるほか、PSPやiPodで再生可能な形式であるため、モバイル環境で映像を楽しみたいユーザーは形式変換を行う必要がなく時間も節約される。パソコン上で再生する場合にはQuickTimeが利用できる。

PC-MV9H/U2 「PC-MV9H/U2」

 録画にはQPixel社製リアルタイムエンコーダ「QL201」を採用しており、パイオニアの10bitA/D変換ビデオデコーダで高画質化処理を行っている。パソコンにはUSB接続で最大10台の接続が可能で、10番組同時録画の実現も可能だ。本体背面にサービスコンセントとUSBポートを搭載し、アンテナ線の分配器も内蔵しているため、複数台の接続もスムーズに行える。

 番組予約はインターネット番組情報サイト「テレビ王国」と連携した電子番組表を利用して行うことができる。搭載しているチューナーは地上アナログチューナーで、価格は2万7400円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加